非正規独身子どもなしアラフォーが楽しく生活するTips55

何も持ってないからこその自由な生活を楽しみたい!人生の後半を楽しくする生活のアイデア

【Tips14】シェア・レンタルを使う

そういうシーズンなのでしょうか、別方向の友だち二人から「結婚式に呼ばれてるんだよね~~」との話を聞かされました。
お二人とも仕事を持ってる主婦で、一人は親戚関係、もう一人は幼なじみの式に呼ばれているそうです。
そして二人とも同じように「何着てこう?」という反応でした。



アラフォーになると、結婚式に呼ばれることも少なくなりますよね。
会社勤めの人なら多いかもしれませんが、友だち二人は契約社員と派遣という立場で、社内交際関係からは一歩距離を置いた立場にいるので、仕事関係で呼ばれることはめったにないとか。


親戚関係に呼ばれてるほうの子に相談されたので「レンタルを使ったら?」と提案してみました。
一度しか着ない(かもしれない)服を買うのももったいないです。
仕舞っておく手間、手入れする手間もかかります。
またいつか着るかも、といっても体型が維持できるのか、とか(不安……)。
喪とは違って、ハレの場は事前に判りますから事前準備の時間もとれます。


「調べてみたらレンタルできるお店、沢山あるんだね。パンプスはさすがに自分のにするけどワンピースとバッグを借りるつもり」と、彼女から連絡がありました。
よいお店が見つかったようでよかったです。


時々しか使わないものはレンタルしていくという方法はこれから持っておきたいです。


車って必要だろうか? 仕事のある日は使わないし→カーシェアリング
毎日のコーディネートを考えるのが面倒だけどそれなりにおしゃれにみせたい→ファッションレンタル
起業・副業の場所が必要→シェアオフィスやレンタルオフィス 郵便だけ使いたい場合はバーチャルオフィスでも
街の中の移動に自転車を使いたい→レンタルサイクル



自分のものとして持つのも楽しいですが、こういったサービスも併用してうまく使いこなしていきたいですね。
今回、レンタルサービスを調べてみて面白いなと思ったものを紹介します。


●月額制で好きなブランドバッグをレンタル 「ラクサス」 

 購入するための参考にもできそうですし、一度●●のバッグを持ってみた~いみたいな軽い野望にも対応できそう。上に書いた結婚式などにちゃんとしたバッグを持っていきたい、という時にもよさそうですね。


●スーツケースやバッグを預ける「ecbo cloak」 


 コインロッカーのようにお店やカフェなどに荷物を預けられるサービスです。駅前のコインロッカーは混んでいる場合が多い観光地などで活用できたら便利ですね。



ところで幼なじみの式に列席するほうの友だちは、服が大好きな子なので張り切って買いにいったそうです。
自分の楽しみも兼ねてるのなら、もちろん購入するのもありでしょう。


自分の必要なものは手にし、そうでないものはレンタルや借りることとですませてみる。
好みが変わったり、生活スタイルが一転する可能性もある世代です。
物を所持することにこだわることなく、必要なサービスをチョイスしていきたいところです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。