非正規独身子どもなしアラフォーが楽しく生活するTips55

何も持ってないからこその自由な生活を楽しみたい!人生の後半を楽しくする生活のアイデア

【Tips12】パーソナルカラーを知っておく


ファッション系の雑誌やwebでお馴染みとなった「パーソナルカラー」。
簡単にいえば、目や肌、髪の色からその人に似合う色を四つのタイプに割りふる判断です。
色の名前は「春」「夏」「秋」「冬」
(※この四つに、さらに他の診断も合わせてわける場合もあるようです)
例えば「春」タイプと判断されたら、「春の人向けのカラーチャート」にある色を選べばいいという感じ。
服の色のほか、女性ならメイクの色にも応用できて、買い物に迷った時にも便利です。
タイプの違う色を身につけると、肌がくすんでみえたりするんですよね。



数年前。その時の仕事の関係で出歩くことが多かった私。
服装にコストがかかることも悩んでいたので、このパーソナルカラー診断を受けてみました。
似合う色が判れば、買ってからの失敗も少なくなる!というセコい考えからでした。
結果としては、受けてよかったです。


診断を受ける以前から、雑誌などに載っていた記事のセルフチェックはやってはいたのですが、実際の診断は、自分のチェックとは別のタイプでした(笑)。
私としては意外な結果だったんですけど、アナリストさんの「このタイプの人はこういうイメージをもたれやすいですよ~」という話に当てはまっていました。
実際、診断を受ける前に「~~~というイメージなので、もっと~~~したい」という話もしたのですが、診断後に「このタイプの方は、同じようなことを言われますね」とも言われました。
やっぱり自己判断では、上手くいかないですね。
ですので、一度、専門の方に見ていただくことをオススメします。
私が診断にいったところでは、カラーチャートをいただき、他に小物やバッグの形のアドバイスもいただけました。ヘアカラーのアドバイスもありましたよ!


本も沢山売ってますが、判断後に自分のタイプのページを読んで参考にさせてもらってます。
自分のタイプが判ってからは、服や化粧品を買う時に迷ったら判断の内容を思い出して、似合うと言われたほうの色を選ぶようにしてます。


もちろん、診断にがちがちに縛られる必要はないですが、私個人としては、若い頃みたいにいろんなおしゃれにチャレンジしたいという年頃でもなくなったので、「似合う」「映える」色が判ったのはよかったと思います。
買い物で迷う時間も減りましたし、失敗も少なくなり、思いがけない色が似合う色だったりで、新たな発見もありました。


最近、何を着ていいか迷う~~(アラフォーあるある)な人には特にオススメします。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。