非正規独身子どもなしアラフォーが楽しく生活するTips55

何も持ってないからこその自由な生活を楽しみたい!人生の後半を楽しくする生活のアイデア

【Tips10】結婚式は出なくていい

平昌オリンピックに夢中になってしまった後、気が付いたら長い間、更新をさぼってしまいました。
またマイペースで続けていきますので、よろしくお願いします。



季節もすっかりよくなって、来月はブライダルシーズン。
もうこの年代になると、結婚式のお呼ばれも大分減ったとは思いますが、仕事や環境によっては、招待される機会がある方もいるでしょうね。


招待状を受け取った時、ちらっとでも「めんどくさいな」とか「どうしよう」と迷った結婚式は出なくてよいです。


特に女性は、参列となるとお金がかかるものです。
洋服、靴、バッグに髪型。お祝いも持っていかなきゃならない。
時間も含め、コスパの高い行事、それが結婚式。
結婚式の予定がはいれば、その日一日は完全に潰れるのも確実。
遠方なら、前泊もあるかも。


あ、めんどくさい。
そう思ったら、思い切って欠席しましょう。
ちゃんと相場のお祝いを送り、電報を打てば、失礼にはなりません。


結婚式に出たくない=お祝いしたくない、というわけではないんです。
もちろん、お祝いの気持ちはある。
でも、結婚式に参加しても、ご本人にその気持ちを伝えられるのはごくわずかな時間。
それ以外の時間は、ご飯を食べて、拍手して、挨拶を聞いて……。
まだ卓が知り合いばかりなら、久しぶりの再会で楽しいかもしれません。
だけど、結婚する人の関係性によってはそうじゃない場合もある。
私は若い頃、うっかり卓に一人しか顔見知りの人がいない結婚式に参加したことがあります。
その時は、友人の結婚式も二人目くらいの参加ビギナーだったのですが、間がもたないことこの上なかったですね。


だったら、結婚式の前か後で、お祝いを渡すがてら、ご本人にゆっくりお祝いの言葉を伝えたいと思うのです。
会えないのなら、メールや手紙でもいいと思います。


最近、盛大な結婚式を行う人が以前よりは減ってきたといいますが、「盛大な結婚式ってなんのためにやるんだろう?」と気が付いてきたのかもしれません。
不景気のせいもあるとは思いますが。


一番結婚式に招待されていた20代の頃。
まだほんのすこしバブルの残り香があって、友人達はだいたいホテルを利用した定番の結婚式をあげていました。
私も何回も参加して、普段会えない友人と会ったり、服を選ぶ楽しみもあり、それなりに楽しんでいました。


でも、ある日。結婚した友だちとはその後、以前のように付き合えなくなることに気が付きました。
当時は、まだ女性は結婚したら家事は女性が負担するもの、という風潮でした。
仕事帰りにご飯を食べにいくということは難しくなったり、旦那さんの転勤で引っ越していった人もいました。下手したら、結婚式後一度も会うことなく疎遠になった人もいます(元気かなあ)。
異性の友だちの結婚式も何回かでましたが、こちらはメールやちょっとした電話もしなくなりました。まあ、当然ということになるのでしょうが。


家庭をもって環境が変わったのです。以前のようなお付き合いができなくて当然です。当時も、それは理解しました。
そして、結婚式は友情のお葬式みたいだなと思いました。
それから、私はよっぽどの近しい相手以外の結婚式に出るのは辞めることにしました。


で、式に出なかったから、なにか不都合があったかというと、全然ないです!
大丈夫です。
欠席したことによって、なにか不都合が起きたのなら、それは欠席してもしなくても、起こる不都合なのです。


※立場上どうしてもでなきゃいけないとか、わ~~おめでとう!!と心から祝える相手、そしてめっちゃおしゃれしたいから行く!という方は、ぜひとも参加して下さい。


さて、結婚式に出た後、疎遠になった友人たちですが、時間を経て、子育てが落ち着いたり、マイペースに家庭運営を出来るようになった人が増えた結果、また交流が復活した人が数人います。SNSのおかげもありますが、繋がってる縁は切れないものと実感しました。
20代の当時、しょんぼりしていた自分に、もうちょっと待ってみてと伝えたいです。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。