非正規独身子どもなしアラフォーが楽しく生活するTips55

何も持ってないからこその自由な生活を楽しみたい!人生の後半を楽しくする生活のアイデア

【Tips09】服を買うよりヘアサロン

寒さは続いていますが、ショップはすっかり春物衣類が並んでいます。
もうちょっと暖かくなったら、春物を買いにいきたいなーというタイミングですが。



自分のスタイルも決まりつつあり、大きく環境が変わることがなければ、衣類を多く揃えることもなくなりました。
若い子向けの服じゃおかしいし、かといってマダム向けはまだなんとなく納まりが悪い、そんな年齢で、買う服に困る世代でもあります。
年齢に関係なく、似合う服を着ればいいと個人的には思ってますが「ちょっと若作りしすぎ?(もちくは、老け込みすぎ?)」と、悩むことも多いかと思います。
ほんとになんかハンパな年齢ですよね~。
加えて体型の変化もあり、昔みたいに新しい季節に向かって、意気揚々とショップに乗り込む気概も減ってきた感があります。


そんなマンネリショッピングをするなら、そのお金を美容院(ヘアサロン)にまわしたほうが、見た目の底上げになります、断言します。
もしくは、服の価格帯を落としても、その浮いたお金で髪を整えたほうが絶対いいです。


髪の毛がきれいだと、それだけで印象が大分違います。
ロングだからそんなに切らなくてもいい、という方もいるでしょうが、毛先は傷んでいるはずです。
髪が綺麗であれば、服がプチプラのもので、印象があがります。
逆に服が素敵でも、髪が傷んでいたり、カラーがあせていたら、おしゃれには見えない。


「おばあちゃーん、あとは牛乳いるよー」とスーパーでお孫さん連れの女性がいました。
おばあちゃんといっても、細身の白いパンツに淡い色の半袖のブラウスを着こなして、スリムな方で、後ろからみると「おばあちゃん感」は全然なし。
ですが、残念なことにカラーも色褪せた感じの、バサバサと傷んだレイヤーヘア……。
せっかくスタイルもいいのに残念でした。
ロングヘアのアラサーの知人がいて、彼女は染めてもいない黒髪が特徴なのですが、やはり近くでみると傷んでいるんですよね……。
背面は自分では直接見るのが難しい場所なので、どうしても痛みに気が付きにくいのだと思いました。


若い時よりは、髪の毛も量が減ったり、コシがなくなってきている方もいると思います。また一番気になるのは白髪、という方もいらっしゃるでしょう。
白髪は染めなくてもいいと思ってる派なのですが、自然のままにしておくと、跳ねたり、乾燥してみえるので、やはり手入れは必要です。


自分自身で、きれいに手入れされてる方もいるでしょうが、てっとりばやくきれいに見せるなら、やはりプロの手を借りるのが一番です。
最近は、女性向けのリーズナブルな美容院も増えました。
通常価格の美容院に年4回いくなら、リーズナブルな美容院に年6回行ったほうがいいです。
私自身は、パーマとカットで、美容院を使い分けています。
忙しいとついついいくタイミングを逃してしまいがちですが、定期的にいくようにしたいですね。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。